Right Brothers inc.

”誰かの大事な決断に、贅沢な人間関係を。”

メニュー

【転職成功事例】メガバンクからM&A業界へ転職した34歳男性インタビュー

98 views
【転職成功事例】メガバンクからM&A業界へ転職した34歳男性インタビュー
アバター
高野 匠
こんにちは!RightBrothersの高野です。本日はRightBrothers株式会社からM&A業界への転職を成功された方に、インタビューを行います。杉山さんです。宜しくおねがいします!まずは、簡単に自己紹介をお願いします。
アバター
杉山 雅典さん
宜しくおねがいします!杉山と申します。前職は、メガバンクでリテールの仕事をしていました。主に住宅ローンをきっかけに、資産形成/資産運用をどのようにつなげていくかという仕事をしています。年齢は34歳です。他の候補者の方と比べると、少し高いのかなと思います。

なぜこのタイミングで転職を決意されたのですか?

アバター
高野 匠
前職でも、いいポジションにいたと思いますが、なぜ、このタイミングで転職を決意されたのか教えて下さい。
アバター
杉山 雅典さん
漠然と、「人生を変えていきたい」「より高いところへ」と考えていましたが、時間が経っていたというのが現実です。本当に動くとしたら、今が最後だなと思い転職をしました。

なぜM&A業界に興味を持たれたんですか?

アバター
高野 匠
今までの候補者の中で、1番M&A業界に近いのかなと思いますが、M&A業界に興味を持たれたきっかけを教えて下さい。
アバター
杉山 雅典さん
自分の今までの経歴の中で、銀行だけだとM&Aは近いように思います。

杉山さん:ですが、リテールで話をしてきたので、決算書に直接触れたり、法人のお客様と話している感覚はありませんでした。「自分の経験を活かして、ステップアップをしたい」と考えた時に、オーナーの方、富裕層の方と話した経験は、必ず活かしていきたいと考えていたので、M&A業界を選びました。

なぜRightBrothersを選んでくれたんですか?

アバター
高野 匠
なぜ、たくさんある転職エージェントの中からRightBrothersを選んでくれたのか教えて下さい。
アバター
杉山 雅典さん
最初は、大手の転職サイトに登録しました。

杉山さん:私の場合は、今回「縁があった会社に行く」と決意した状態で転職活動をはじめました。ですので、その会社に詳しい人と「どうしたら巡り会えるのか」というのを模索しながら登録しました。何社か、お声掛けが有りましたが、全然詳しくありませんでした。

高野:「転職サイトの実態」でも話しましたが、転職サイトに登録した瞬間に、沢山のスカウトメールが来ますね。

杉山さん:色々な業界からお声掛け頂いたと思うんですが、私の行きたい会社については、詳しく知りませんでした。「どこかに絞らなくてはいけない」と思ったときに、高野さんから連絡がありました。最初は半信半疑でしたが、Web面接などで話をしていくと、イメージが変わりました。そして、話をしていく中で営業マンとしての価値観や共通する思いがあったので、お願いしました。

高野:コロナの前は、求職者の方に会いに行っていましたが、コロナの影響で移動はしなくなっていました。ですが、杉山さんは「自分の人生を預ける人には会いたい」ということで、大阪から人形町まで会いに来てくれました。

エージェントとしての高野はどうでしたか?

アバター
高野 匠
インタビュー動画のお決まりの質問ですが、エージェントとして、僕どうでしたか?
アバター
杉山 雅典さん
他の方の動画では「少年のような人」とありましたが、私は「すごい大人だな」と思いました。

高野:もう一回言ってもらっていいですか?ありがとうございます(笑)

RightBrothersのサポート内容を教えていただけますか?

アバター
高野 匠
RightBrothersのサポート内容を視聴者の方に教えていただけると嬉しいです
アバター
杉山 雅典さん
基本的には、自分で進めていくという決意と覚悟がないと厳しいと思います。

杉山さん:他のエージェントのように、なにかを添削してくれたり、導いてくれる訳ではありません。質問に対して、回答の方向性がズレてはいないか。ベクトルが合っているかのサポートがありがたかったです。

高野:杉山さんはとても優秀だったので、正直あまりサポートする事がありませんでした。エージェントを使うのならば、方向性をあわせる事がとても大事です。ゴルフのスライスと同じで、発射角度が少しズレただけで、ぜんぜん違う方向に進んでいきます。杉山さんは、面接や課題を進める中で、早めに相談をしてくれました。ですので、すぐに修正が利いて円滑に進めることができました。

杉山さん:書類の添削などが無いけど、大丈夫かなと思っていました。

高野:二次面接が終わった後は、ずっと「大丈夫」と言っていました。大阪では、受けている会社の部長の方と割とハードに飲みにもいきました。私達は「どこで働くか」ではなく「誰と働くか」に重きを置いています。今までの候補者の中で、体感してくれたのは、杉山さんだと思います。

杉山さん:本選考が始まるまでに、一度会えたことはとても心強かったです。どんな会社なのかは、当然調べますが、最終的には「人で決めたい」と思っていました。ですので、早い段階であうことができて、改めて「この会社で働きたい」と決意ができました。

採用する側になった時どんな人材をチームに迎えたいですか?

アバター
高野 匠
M&A業界に入社が決まりましたが、採用する側になった時にどんな人材をチームに迎えたいですか?
アバター
杉山 雅典さん
一言で言うと「良いやつ」だと思います。

杉山さん:「演技ができる人」何かを演じるわけではなく、色々な側面を出していける方です。ガッツが必要な時、上品さが必要なときなどに、いろんな側面を持ってダイバーシティを体現していける方が良いです。

高野:いろんな側面を持った方は、私も活躍すると思います。M&Aには、スペシャリストとゼネラリストがいます。フロントのメンバーは、ゼネラリストが向いていると思っています。スペシャリストの方は、後ろでサポートしてくれています。これからは、杉山さんのチームもこのような環境が整うチームにしてほしいと思います。

RightBrothersの教育コンテンツはどうでしたか?

アバター
高野 匠
RightBrothersから内定を取った方だけが、見ることのできる教育のコンテンツはどうでしたか?
アバター
杉山 雅典さん
大枠を捉える意味では、とてもためになりました。

杉山さん:そして、行き詰まったときに思い出すことのできる基本の話が中心だったので、とても勉強になりました。ボリュームは、もっとあってもいいかなと思います。

高野:1コンテンツでスライドが約8~10枚で、全部で16コンテンツあったと思いますが、足りない。(笑)もっと作ります。(笑)

RightBrothersを活用される方へのメッセージ

アバター
高野 匠
最後に、これからRightBrothersを活用してくださる方に、メッセージがあればお願いします。
アバター
杉山 雅典さん
最終的には「自分でなんとかする」と決意出来ている方は、絶対に活用したら良いと思います。

杉山さん:私も、何かをやったわけでも、成し遂げたわけでもないので、不安な面はあります。サポートメンバーは多くないですが、精鋭が揃っていると思います。これから、ご縁のある方が増えれば良いなと思っています。

アバター
高野 匠
本日は、ありがとうございました。それでは、バイバ~イ!

Leave A Reply

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE