Right Brothers inc.

”誰かの大事な決断に、贅沢な人間関係を。”

メニュー

【面接対策なんてない?】転職エージェントが伝えたいこと

27 views
約 5 分
【面接対策なんてない?】転職エージェントが伝えたいこと
アバター
Right Brothers
代表 TAKUMI

エージェントの私から転職を考えている皆様へ今回はお伝えしたいことがあります!

こんにちは!転職エージェントの高野です。今回も質問が来ていますので、お答えします。

面接対策って?転職エージェントが伝えたい事

今回は面接対策の質問が来ています。「どうやったら面接で上手な対応ができるのでしょうか?」と。そもそも面接対策のアドバイスを人に求めようとしている時点で、その人は落ちます!対策をしたら内定を取れるとか、魔法を使ったら成果が出ると思っている人もいますが、魔法なんてありません。ビジネスや社会に魔法はありません。だからアドバイスもありません!あるとするならば、そもそも面接を上手にやろうとしていることが問題です。

YouTubeでも面接対策で「これであなたも受かる!」みたいな動画もありますよね。受かりませんからね。お決まりの成功パターンは無いので、人のアドバイスをそのまま言ったって落ちますよ。皆さん陥りやすい事は、失敗が絶対出来ないと思いますよね。そうすると、面接対策にある事を喋ります。みんな同じ事を言います。

「社会貢献」って本気で思っている?

例えば私が支援しているM&A業界の定型文として、「私は社会貢献がしたいです」と言います。社会貢献を本気で思っていますか?って思いますよね。本気でしたいならば今の会社でも出来ますよね。会社で出来ないのであれば、個人でボランティアもできるでしょう。そこまでしていない人が、心の底から社会貢献をしたいと言ったって「何ですか?」ってなってしまいます。良い企業に行きたければ何万人と受けていますよね。

その内、何千人と社会貢献をしたいと言うんですよ。そもそも「自分がやってきたことしか喋れない。」この事を自覚することが大切です。魔法もありません。スペシャルな事を言わなくても良いのです。

自分がやってきたことしか伝わらない

「自分が過去やってきたことしか喋れない」事を理解しましょう。過去やってきた中で、自分の手札のカードを確認することが大事です。強み、弱みとかは置いといて、自分の過去やってきた手札を10枚ほど揃えましょう。それぞれの手札に、ストーリーを紐付けておく事が重要です。

もし「営業力」と言う手札があるとしたら、なぜ営業力が強いのかを言えなければいけません。「前職で〇〇の成績を残してきました」これはストーリーではなくてただの結果です。どんなことに気付いて、何を想い、どんな事を実行してその結果に辿り着いたのか。これがストーリーです。

会社から求められる「手札」を準備しておこう

本当に入りたい会社であるば、めちゃくちゃ調べますよね。今であれば採用ページから社員インタビューも見れるでしょう。この会社で活躍する人は、どんな資質を持っている人なのか。これを確認しましょう。その会社で成功している人の資質が分かれば、そこに自分の手札を近づければ、面接はうまくいくでしょう。

自分がやってきた事は変えられません。嘘もつけません。だから自分が面接で、手札を切る順番を決めておきます。面接官からの質問はお決まりです。聞いた事がない質問は世の中に存在しません。自己PRお願いします。なぜこの業界なんですか?なぜうちの会社なんですか?なぜ転職したいんですか?大体がこれです。これについて手札を決めて、順番を決めておくのです。これが大事です。くだらない対策とかやっている場合ではないです。自分を見つめ直して、自分の手札のカードをしっかりと頭に入れておく事です。

面接は”五分五分の気持ち”で対等に

面接は自分から会社を見に行ってます。会社も自分を判断していますが、五分の対等で行って良いんです。たまに偉そうな人事もいますが、どうせ会社もくだらないでしょう。行かなくて良いと思っています。ちゃんと自分を見てくれる会社に出会うために、しっかりと自分の手札を用意しましょう。どの手札にフォーカスして喋るのかもちゃんと準備しましょう。この準備が全てです。

第一印象は気を抜くな

また、第一印象を覆すのは難しいです。服装とかで人を判断するわけではありませんが。面接の際に、部屋に入ってきて座るまでの第一印象で、大体もう決まってしまいます。これはすごく勿体無いです。「微妙そうだな」という第一印象で、一生懸命面接をしても「良さそう」に中々追いつきません。

会社の採用ページでどんな格好をしているかなど、活躍している人を見ながら近付けていく努力は必要でしょう。第一印象がしっかりしていないと、面接官も「テキトーなのかな」と思ってしまします。

本当に大切なことは「自分を知ること」

本日は2つです。「手札を準備すること」と「第一印象はできる範囲で整えること」です。自分を知ることがまず大事です。自分を知らない人が多すぎます。面接で詰まるという事は「嘘」なんです。嘘を取り繕う必要はありません。そうでなくて例えば、M&A業界に行きたいきっかけはお金でしたと。

であれば、お金と言えば良いんです。これから業界を勉強する必要がありますよねと。それであれば、転職も焦る必要はありません。そうであれば、1ヶ月程度、転職期間を延ばして、しっかりと準備してやる方がよっぽど大事です。

本日は「面接対策」の質問にお答えしました。他のブログでも転職に関する情報を配信していますので、ぜひご覧ください。

アバター
Right Brothers
代表 TAKUMI

面接対策はありません。自分を知るところからまずは始めましょう!

Leave A Reply

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE